歌 詞 と 写 真

           

                         亀山めぐり唄     

       

                         作詞 / 濱﨑収   作曲 / 原正美

 

1、「 のぼの( 能褒野 ) ほのぼの ほのぼの のぼの( 能褒野 )」
  

             やまとたける( 日本武尊 )は  ふるさとが

     いとし こいしと しらとり( 白鳥 )に 
     なって飛んだよ 西の空
     羽根を休める 止まり木か?
     鳥居 鳥居が そこかしこ そこかしこ 

 

----------------------------------------

 

2、「 茶摘み  ちゃき  ちゃき   チョキ  チョキ 茶刈り 」
     

     茶の木畑に プロペラが 
     中の山には パイロット
     緑の波に 水しぶき 
     香り豊かなアイデアも 
     飛んで出る出る 亀山茶 亀山茶

     アイデア商品。季節・数量限定品 。お茶の栄養素 100% 入ってます。

 ペットボトルの緑色のキャップのところに粉末茶が入れてあり、そこを閉める方に回すと ボトル内で、その粉末のふたが開き、水と混ざりあいます。 

 よく振ってから、キャップの白い部分を開ける方に回して飲む。 

 歌詞の「 ♪ 香り豊かなアイデアも 飛んで出る出る 亀山茶 亀山茶 ♪ 」は. この商品にヒントをもらいました。                 

  ☆ 平成25年5月「モンドセレクション」銀賞を受賞されました。☆ 

------------------------------------------------- 

 

-------------------------------------------

 

3、「 棚田 なんだん( 何段 ) なんだん( 何反 ) 棚田 」
  

     峠越すなら 安楽に 
     石と水との   出会う場所
     君は ミツマタ 誰が好き? 
     新名神 うわ(上)の空 
     トンネル掘ったら 土の山 土の山

 

-----------------------------------------------------------------------

 

4、「 登ろ ののぼり( 野登 ) 野登 登りゃ 」
       

    伊勢、知多、桑名も 庭の内 
    遠く望むは 富士の山
    幾百年の年輪に 
    形を残す その昔
    杉の大木 何語る 何語る

 

-----------------------------------------------------------------------

 

5、「 お城 ひろしげ( 広重 ) 知ろ 知ろ 歴史 」
  

       石川 ・ 板倉 お殿様 
     今もゆるがぬ のづら(野面)積み
     流れは絶えぬ しんぎょう(心形)の 
     居合の奥義ここにあり
     亀山城には 池のかわ(側) 池の側

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

6、「 武将『 勝負! 』と 勝負を挑む 」
      

           花のショウブも勝負好き 
       相手アヤメか カキツバタ
       行司するのは皆の衆
       いずれ劣らぬ色模様 
       せつ(梅雨)が過ぎれば せつないね せつないね

              「 亀山手作り甲冑隊 」山脇 博 氏・作

 

                  花ショウブ

 

                  アヤメ

 

                 カキツバタ

 

            ( 下の写真は、の花ショウブ園 )

        「 せつ 」 亀山地方の方言で、梅雨( つゆ )の時期のこと

                 ♪ せつ~が 過ぎれ~ば  せつないね せつないね ♪

   

 -----------------------------------------------------------------------

 

7、「甲羅 こりゃ こりゃ こりゃ こりゃ 甲羅」
        

             山で出会った亀さんは 
         甲羅の中に かくれんぼ
         どちらが前で後ろかな 
         ノックしたなら頭出せ
         シャープペンシル 芯のよ(様)に 芯の様に

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 8、「うどん どんどん みそ焼き うどん」
         

               甘くて ピリリッと 香ばしい 
           にくい みそ味 そこがみそ
           グルメは 巡る どこまでも 
           春夏秋冬 この美味さ 
           つ~る つるつ~る かめみちゃん かめみちゃん

 

-----------------------------------------------------------------------

 

9、「準備 しゅくしゅく(粛粛) 宿 宿 宿場」
       

            江戸から数えて五十前 
        人生 胸突き八丁の
        峠も有るだろ無理するな 
        のぼ(上)り くだ(下)りの 方々と 
        伴に泊まろか 関の宿 関の宿

 

-----------------------------------------------------------------------

 

10、「タイムスリップ スリープタイム」
         

                御馳走さまです お地蔵様 
          関の懐石 夢の中
          笛や太鼓に鐘の音と 
          わかしゅうがしら(若衆頭)の掛け声で
          まわせ(廻せ) まわせ(回せ)よ 関の山車 関の山車

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

11、「京か 飛鳥か 明日香か 京か」
           

                   西の追分 泣き別れ 
           東追分 いせい(伊勢い)え~ど(江~戸)
           今も変わらず往き来する 
           流れの要 ここにあり
           地図を ながめりゃ タコの足 タコの足               

    中部 東海・北陸道路地図 マックス マップル Max mapple より

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

12、「鈴鹿 すずかぜ(涼風) 鈴鹿の峠」
          

                 沓掛 過ぎれば坂の下 
           坂の上なら 田村麻呂
           強い味方の 「田村さん」 
           深い情けの情夜燈 
           ローソク とも(灯)せよ 常夜燈 常夜燈